メインイメージ

確定申告の注意点

株式会社設立に関する確定申告の注意点


株式会社設立に関しては最も注意をしなくてはいけないことの一つに確定申告があります。株式会社設立というのは、単純に会社を設立させることだけを意味するわけではありません。

個人営業を廃業することも考えて株式会社設立を行なわなくてはいけないのです。本来、株式会社設立をする人は個人営業を廃業して会社を設立させる傾向があります。

それまで個人で行なっていた申請方法を全て会社のものへと転換しなくてはいけなくなりますので、確定申告も例外ではないのです。株式会社設立によって大切なのは、会社を設立させることによって存在する税に関する問題が個人のものと会社のものとの二つになることにあります。

このようなときに困るのは、税務調査などによって税金の申告漏れが発覚してしまったときなのです。
税金の申告漏れが発覚したときには、個人に関するものと会社に関するものの二つを同時に指摘されてしまうことになります。

特に、個人で営業を行なっていたときには税金は前年度の所得に関して認められることになりますので、個人で営業を行なっていたときを基準に税金が徴収されてしまう危険性も存在します。

そのような事態にならないようにするためには、会社設立と同時に確定申告の事を考えて個人名義のお金に関する所有物を全て会社名義のものにしておくことが賢明なのです。個人名義のものから会社名義のものに変更するときには、ある程度の時間を考えて行動しなくてはいけません。

株式会社設立に関して登記申請書などを提出するということは、それまでに自身の会社の役員になってくれる人や会社に対して出資金を出してくれる人が見つかっている事を意味します。

口座の名義を会社のものにするということは、取引などに関しても全てその口座において行なわれることになるということを意味しますので、口座の名義を変更することに関しては最低でも数ヶ月はかかると計算して間違いありません。

ですので、税金のことを考えるのならば株式会社設立と同時に名義を変更しておくことが最も賢明なのです。

このように、会社設立に関しては会社を設立させる書類だけでなく、今までやっていたものの廃止処分を
きちんと行うことが大切だということを忘れてはいけません。

特に、自身の会社に従業員がいるときには給料も支払わなくてはいけなくなりますので、その点の確定申告の不安店なども前もって消しておく必要があるのです。
こうすることによって、スムーズに会社運営を行うことができるようになります。