メインイメージ

電子定款とは

会社設立における電子定款とは


会社設立を行う時には会社の憲法と言われる定款を定める必要が在ります。
定款で定めておくことで効力を持たせることが出来る事からも、記載するべき事項を十分検討の上、定めて行くことが大切です。

所で、定款は作成を行った後に公証人役場で定款認証を受ける事が必要になりますが、定款認証を必要とするのは株式会社設立の場合のみであり、合同会社や合名会社、合資会社などの場合は、定款は定める必要が在りますが、公証人役場での認証は不要になっています。

尚、定款には紙の定款と、電子データによる電子定款の2つの種類が在ります。
電子定款と紙データの定款の大きな違いは、印紙代の4万円が要るかどうかです。

紙による定款の場合は印紙代として4万円が不要になりますが、電子定款の場合はこれが不要になりますので、定款の費用を節約する事が出来るのです。
しかしながら、電子データによる定款を作成するためには幾つかの道具と言う物が必要になります。

また、電子データは改ざんされる恐れがあることからも、認証などを行う時には注意が必要なのです。
電子定款はPDFファイルにすることで改ざんされること無く認証を得る事が可能になるのですが、会社設立時に、これから説明を行う道具を揃える事で、公証人役場などに出向くことなく認証を得る事も可能になるのです。

まず、電子データにする必要が在りますので、紙などに定めた定款の内容を文書を作成するためのソフトウェアを利用して作成をしていきます。
全ての情報を記載し終えたら内容を確認をして、その文書データをPDFファイルに変換します。

PDFファイルに変換するためには専用のアプリケーションソフトウェアが必要になります。
と言うのも、この専用のアプリケーションソフトウェアには電子署名の挿入機能があり、電子署名を行う事で電子データは改ざんされること無く利用する事が可能になるのです。

会社設立を行う際に、この専用のアプリケーションソフトウェアを用意すれば良いのです。

また、会社設立を行う時、他にも道具が必要になります。

変換されたPDFファイルに電子署名を付けるためには電子証明書の認証が必要になってくるのです。
この申請は住民基本台帳カードが必要になりますが、住民基本台帳カードは、住民票のある役所で交付が可能になります。

住民基本台帳カードはICカードリーダライタを使って電子証明書を読み込み、PDFファイルにした電子定款の中に埋め込む事で電子認証手続きが可能になるのです。