メインイメージ

最近の投稿

「原本還付」って?

社設立における「原本還付」って?


会社設立を行っていく際には、普段ではあまり見ない用語がよく使われることとなります。
会社設立が完了すれば使う機会のない言葉というものもありますが、なかには会社の登記が認められた後であっても使用される擁護がありますから、そうしたものに関しては意味をしっかりと理解しておくべきといえるでしょう。

そうした言葉の中でも、比較的覚えておきたい用語となるのが「原本還付」です。
これは会社設立の手続きの際に添付資料として提出した書類を、他の用途でも用いたいというような際に、登記が完了した跡で変換してもらう制度のことです。

これは一見すると特に必要のないもののようにも見えますが、添付資料として提出した資格証明書や印鑑証明書などを、他の用途で使用したいという際には活用できる手段となります。
添付資料として提出したものの中に再発行が難しいものなどがあった場合には原本還付を依頼する必要が出てきますから、その方法を事前に確認しておいたほうが良いでしょう。
ではどのようにすれば原本還付の手続きを行うことができるのかというと、まず還付を申請する人が原本のコピーを作成し、そのコピーに本人か代理人が「原本に相違ない」という旨を書き込むことが必要となります。

本人が遠方地にいるなどの理由によって本人が申請することができないような場合であれば、代理人がその申請などを行うことができますが、それには本人が署名をした委任状が必要となります。
委任状では原本還付を申請する権利を代理人に委任する旨が書かれていますので、これがなくては代理人が代理人として認められなくなってしまいます。
書類が一式そろったのであれば法務局などに書類を持参し、窓口で還付を申請すればよいということになります。

しかしながら還付を申請してもそれがすぐに帰ってくるというわけではなく、その後には原本のコピーが本当に原本と相違がないのかどうかという点が確認されることとなります。
法務局内が込み合っているときなどは後日に還付されるというようなケースもありますから、なるべく早めの段階で申請を出すように心がけると良いでしょう。

こうした手続きは普段から確認をしていないと、いざという際にやり方がわからなくなってしまいます。
もし神聖に不安があるのであれば、会社設立時に利用した司法書士事務所に相談を持ちかけるなどをすると良いでしょう。
会社設立においてはさまざまな面でコストがかかりますので、再利用できるものに関しては再利用をしていくことが重要です。

副業で設立の問題点

副業で会社設立の問題点


2008年秋口から景気が悪くなり、日本でも大手企業ですら、社員に給与カットや時短勤務などサラリーマンに厳しい時代と言われてきました。現在景気は回復局面といわれていますが、給与の他に収入源を求める人は増え続けています。

減ってしまった給与の補填に本業に影響が出ないようにアルバイトなどを許可する企業も増えました。

その中で、節税という観点から副業で会社設立を考える人も増えています。
また、ビジネス書の中には副業でゆとりある生活をというノウハウ本も多数出版されており、かつてないほど会社設立を身近に感じている人もいるほどです。自分ではなく家族を役人にする、という手法も紹介されています。

副業で収入を得る方法はいくつかあります。一番多いのはアルバイト、パート等ですが、インターネットが普及し始めたときに爆発的に増えたのが週末起業です。

その際に個人にかかる税金のノウハウ本が多数出版され、一定額以上の利益が出るようになったら個人事業主より会社設立をしたようがよいなどと言われるようになったです。

会社設立にはそれなりの費用がかかりますが、個人事業主は税務署に書類を提出するだけで済みます。青色申告にもメリットがありますが、副業の事業が軌道に乗り、本来の給与を上回るようになると確定申告で課税されるようになってきます。

会社設立で確定申告の提出書類は増えますが、納税額を減らすことが出来ればメリットが大きくなります。

会社設立の費用を2年くらいで回収することができればメリットは大きくなります。
最初は大変かもしれませんが、事業が軌道に乗れは、金融機関からの融資も受けやすくなるので準備だけはしておくようにしたいものです。

会社設立の手法として副業は王道です。その他にも、会社の一事業部が独立、あるいは事業部配属そのものがいずれ独立して会社設立をする、というコースを設置している大手企業もあります。大手企業といえども安泰とは言い切れない昨今では珍しいことではありません。

継続してその事業を新会社で行うという事例もあります。

会社設立でメリットが大きいといわれているのが不動産事業です。すでに貸しアパートなどの賃貸業を営んでいる場合、管理会社を設立するという手法で本体といわれている家賃収入を売上金として計上することが出来るようになるからです。

管理そのものは管理を請け負っている会社に委託するなどは古くから行われているので、金融機関でもこの手法のセミナーが頻繁に行われています。